誰もが憧れるロレックスの世界

Rolexのエクスプローラー トップ

高級腕時計の代名詞 ロレックス

全ての部品を自社製造しているマニュファクチュールであり
スイスの厳しい検査でそのクロノメーターの認定を受けている。

“ROLEX”の5文字は、どの言語でも発音しやすく、記憶に残るブランド名として
100以上のアルファベットのあらゆる組み合わせを試しひらめいたもの。

RolexのGMTマスターII トップ

ロレックスの偉大な歴史

その偉大な歴史は懐中時計が主流の20世紀初頭、1905年まで遡る。
創設者は、ロンドンにて時計専門商社を設立したドイツ出身のハンス・ウィルスドルフ。先見性のある彼が性能の良い腕時計の開発に可能性を感じて挑んだのが始まりであった。

エレガントで、信頼できる腕時計を開発しようと決め、まず、腕時計の心臓部となる精度の高い小型のクロノメーターの開発から着手する。
1910年、飽くなき追求が成功へと導き、高性能な腕時計の証として、「スイスクロノメーター歩度公認検定局」から腕時計として初のクロノメーターの公式証明書を獲得。さらに精度を高め、それから4年後には、「イギリス キュー天文台」から、通常は航海用のクロノメーターのみに与えられる“A”級証明書を授与。
ロレックスの腕時計の精度は代名詞となった。

Rolexのデイトジャスト トップ

留まらず、さらなる進化へ

1926年、その性能への探求はさらに加速し、世界初の防水腕時計を開発。
ねじ込み式の裏蓋とリューズによって水の浸入を防ぐ“ロレックスオイスター”が誕生した。
そして、1931年、いまの腕時計の自動巻ムーブメントの基盤となる自動巻き機構「パーペチュアル」を開発。
これが今なお続く、防水ケース&自動巻きムーブメントの誕生だ。
さらに、いまの腕時計の標準仕様となるカレンダー表示もロレックスが先駆けた。
1945年、日付を文字盤の小窓で表示する方式を開発。しかも日付が深夜零時に自動的に切り替わる「デイトジャスト」。
日付部分を約2.5倍の大きさに拡大する「サイクロプスレンズ」が付いている。

人気を博したモデルを、KOMEHYOで選ぶ

Rolexのサブマリーナデイト 店内画像

ロレックスはスポーティーなモデルも多く30〜40代に非常に人気が高い。
その理由は、遠くからでも一目でわかるシンプルかつ特徴的なデザイン。
あながち、18金やシェル、セットされる宝石などでゴージャス感を謳われがちだが、実用時計として非常に優秀で、「精度」が高く、「丈夫」である。

いま中古市場で人気があるのはダイバーズウォッチの元祖“サブマリーナ”や“エクスプローラー”、“GMTマスター”だ。
中でも、デイト表示のないシンプルさがウリの“エクスプローラー1”は絶大な人気を誇る。
ブラックフェイスであらゆるシーンでも合うため使い勝手も高い。

Rolexの店内画像“サブマリーナ”は、ダイバーズウォッチとして1953年に誕生。
それまでの防水性能をはるかに上回る100mの防水性を保証する世界初の腕時計だ。

外観も画期的で、潜水中の経過時間を知るための「回転ベゼル」を装備し、ステンレススティールによる「オイスターケース」とブレスレットのデザインが好評を博した。
1960年、深海潜水艇にてマリアナ海溝の最深部10,916mの深海に到達する。
防水性能は誕生以来たえず高まり、現行品は300m防水、回転ベゼルは誤作動の事故を防止する「逆回転防止ベゼル」に改良された。
突き出たリューズを衝撃などから守るリューズガードも際得られ、その機能美は高性能も証しだ。

Rolexのデイトナ 店内画像

“エクスプローラー1”は、サブマリーナと同年に発売。サブマリーナ同様に三針式だが日付はなく、いまなお続くスポーツモデルの先駆けとなった。2010年に現行モデルであるキャリバー3132を搭載。探検 家用として愛され、蛍光や蓄光塗料により、夜間や洞窟などでの視認性を高めた。

“GMTマスター”は、前出の2モデルの1年後に発売する。24時間針も持つ四針式で、昼と夜を区別する2色のベゼル、もしくは単色の両方向回転ベゼルを用いている。この2色の赤・青ベゼル(2000年生産終了)は石原裕次郎やチェ・ゲバラが愛用していたことでも知られている。
また、その性能の高さから、非公式ながらNASAアポロ計画の際に一部の飛行士の私物として用いられたり、人類初の音速突破を果たしたチャック・イェがーが米空軍の現役当時からずっと愛用していたなど逸話も多い。回転ベゼルで用意にほかの時間帯も読めるため、国際線のパイロットや世界駆けるビジネスマンも愛用する。

KOMEHYOのこだわり

KOMEHYOギャランティー

KOMEHYOでは、アフターサービスとして、中古の場合は半年間、新品の場合は1年間の無料保証が付きます。万が一に何かあった場合はお預かりして修理を行います。もちろん、修理を受けないように徹底点検・整備のうえ販売しておりますが、何分、車のエンジンと同じく、潤滑油なども使って動くメカニカル部分。3〜4年に1度、オーバーオールが必要なのもその理由です。
Rolexのギャランティー こだわり
Rolexのメンテナンス こだわり

商品管理センターのメンテナンス

KOMEHYOで扱われる時計のほとんどが中古です。しかし、ほとんどが新品ではないか疑うほど状態が良いといわれます。それは、細かい傷をミクロ単位で研磨できる技術を有する資格者が、ガラス面から、ボディシェル、ベルト部分までしっかりと磨き上げるから。だからこそ「本当に中古ですか?」という質問は後を絶えません。
Rolexのバンド調整・磨き こだわり

お渡し時のバンド調整・磨き

お渡し時には、各機能のチェック、自動巻きの取り扱い、その時計オリジナル機能の説明、バンド調整、という流れでお渡しとなります。KOMEHYOでは、時代ごとのオリジナルモデルを、しっかり腕に試着できます。実際のフェイスの大きさ、ベルトの厚み、そして自分の腕の太さや肌色に合うかも確かめられます。

ありのままの商品画像

Webサイトでは、時計の詳細写真をあえてキズ部分を最大限に目立つように撮影して掲載しています。たとえば、ガラス面の傷が目立つように光を当てて撮影します。理由は、傷を理解された上で購入をしていただきたいから。その誠心誠意がリピーター様の心に響いています。Webサイトを閲覧し、どんなキズがあるか把握して訪れる方のほとんどが、「あのWeb上の写真は大袈裟だよね」、「実際はこんなに小さな傷なの」と口にされます。過大広告ならぬ、過大マイナスをしっかり見ていただき、納得のうえ購入できます。
Rolexのサブマリーナデイト こだわり

社員教育・接客姿勢

購入者のお手伝いをする販売員は、何より購入時のその時計に対する不安を取り除くことが求められます。性能の説明に長けていることはもちろんのこと、たとえばデパートは新旧を比べることはできませんが、KOMEHYOならそれができます。少し前のいいものと新しいもの微妙な違い。そんなマニアックな質問にも答えられる知識の豊富さが人気の秘密です。

買取の知識

買取時に正常動作の確認は当たり前で、各時計の持つ特殊な機能を含めて徹底分析しているため、間違いのない1本を買い取っています。その後、センターにて専門の点検者が最終チェック。クオリティ、年式に応じて価格が決まります。
Rolexの調整道具 こだわり

エリアごとの動向調査

KOMEHYOの買取センターは、都心のデパートや高級ブティックが建ち並ぶエリアにあるため、ある意味一流の方々が持ち込まれる時計が多く品質が高いのも頷けます。また、エリアごとの買取と販売状況を鑑みて、そのエリアにおける店舗ごとの人気モデルを販売しています。

あなただけの1本に出会う

Rolexのサブマリーナデイト こだわり Rolexの新型サブマリーナデイト こだわり Rolexのデイトナホワイトゴールド こだわり

タイプ、色、ご予算など、決め打ちで購入される方が多いロレックス。
奥様や恋人など、そのシンプルさから、ペアウォッチとしても購入されることも多い。

コメ兵セレクトの各種ロレックスはこちら
メンズ ロレックス特設ページ
レディース ロレックスページ