まさに 憧れの的、“キング・オブ・ クロノグラフ”

Rolexの黒文字盤デイトナトップ

ロレックスのなかでも、“デイトナ”の存在は別格

たとえば、走る芸術品と称されるハーレー ダビットソン。

大排気量V型ツインエンジン搭載した新型車でも昔ながらの味わいを両立し、マニア垂涎の的である。

それと同様に、歴代のアイデンティティーを継承してきたデイトナは、まさに価値がわかる人のみ手にする腕時計だ。

デイトナは、全て自社キャリバーを採用し、細かい部品に至るまですべてがロレックスブランドである。

そのため、高性能は何よりのデイトナの特徴であり、それはクロノグラフ“ストップウォッチ機能”の精度にも現れる。

機械式の自動巻ならではの味わい、そして正確な時計を両立しており、機能面でもデイトナの人気は衰えを知らない。

Rolexのダイヤモンド文字盤デイトナトップ

高性能の歴史は1963年まで遡る

ロレックスは、1959年、アメリカに「デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ」が完成したのを機に計測機として協力を開始。
そして、1963年、「カーレース」という新たなコンセプトのもとクロノグラフを開発・発表したのが“デイトナ”だ。
インダイヤルには反転カラーを採用し、タキメーターをベゼルに移すことによって、計時機能を強調し、他社と一線を画す視認性に優れたデザインを確立した。
1988年には、傑作自動巻きクロノ・ムーブと謳われるゼニス社「エル・プリメロ」をベースにスポーツモデルで唯一手巻きだったデイトナのパーペチュアル(自動巻き)化が果たされた。
デザイン面でも大幅なリニューアルが行われ、耐久面で不利なプラスチックベゼルは姿を消すことになる。

Rolexの白文字盤デイトナトップ

念願の完全自社製クロノグラフ搭載

2000年、ロレックス技術陣の悲願でもあった完全自社製クロノグラフ・ムーブメントを開発し、ついにデイトナはマニュファクチュール化を果たした。
サーキットで要求される最高のポテンシャルを発揮できるようリファインが繰り返され、精度と実用性への飽くなき挑戦を続けている。
ゆえにデイトナは、ロレックス・スポーツモデルの頂点に君臨し、数多くのクロノグラフの中でも「キング・オブ・クロノグラフ」と評される唯一無二の存在になっている。

人気を博したモデルを、KOMEHYOで選ぶ

Rolexの黒文字盤デイトナ店内画像

デビュー当時のステンレスモデルに加え、金無垢モデルなどがラインナップされていたが、1988年以降からは18KYGコンビモデルや金無垢モデルにレザーベルト仕様が追加された。

その後、2004年にホワイトゴールドの無垢モデル、2008年にピンクゴールドの無垢モデルをラインナップ。

そして、生誕50周年となる2013年にはプラチナ無垢モデルが追加され、ファッションシーンにも溶け込む豊富なバリエーションが展開されている。

Rolexのデイトナ店内画像1

20世紀の最高傑作と評されるゼニス社製自動巻きクロノ・ムーブ「エル・プリメロ」をベースに、ロレックスが独自のリファインを加えた『Ref.116520』。ロレックス悲願の完全自社製クロノ・ムーブCal.4130を搭載する。

このキャリバーは高い伝達効率により、72時間のパワーリザーブを誇り、独自開発のブルーパラクロム・ヒゲゼンマイが採用され、高い耐久性と精度、耐衝撃性を実現している。

先代のデザインを踏襲しつつも、搭載ムーブの変更に伴うインダイヤルの配置やインデックスの大型化、ブレスレットの改良など、細部にわたるブラッシュアップが図られ、サファイアクリスタルへ変更された風防とデイトナの新時代を切り開いている。

Rolexのデイトナ店内画像2

2004年より登場したオールホワイトゴールド製の『Ref.116509』。ステイタス性が高く、さり気ない高級感、金無垢モデルならではの重量感を味わうことができるハイクラスウォッチである。生産量が少なくレア度はステンレス製より高い。

ベゼル、リューズ、プッシャー、ブレス中央部分が艶やかなイエローゴールド仕様となっている『Ref.116523』。男心を擽るメカニナルなデザイン性とファッションシーンにも溶け込むゴージャス感が人気を集めている。

ブラックダイヤルは、特にイエローゴールドとの愛称も良く硬派な印象となる。高級感を存分に味わうことができる売れ筋ダイヤルだ。

KOMEHYOのこだわり

KOMEHYOギャランティー

KOMEHYOでは、アフターサービスとして、中古の場合は半年間、新品の場合は1年間の無料保証が付きます。万が一に何かあった場合はお預かりして修理を行います。もちろん、修理を受けないように徹底点検・整備のうえ販売しておりますが、何分、車のエンジンと同じく、潤滑油なども使って動くメカニカル部分。3〜4年に1度、オーバーオールが必要なのもその理由です。
Rolexのデイトナこだわり1
Rolexのデイトナこだわり2

商品管理センターのメンテナンス

KOMEHYOで扱われる時計のほとんどが中古です。しかし、ほとんどが新品ではないか疑うほど状態が良いといわれます。それは、細かい傷をミクロ単位で研磨できる技術を有する資格者が、ガラス面から、ボディシェル、ベルト部分までしっかりと磨き上げるから。だからこそ「本当に中古ですか?」という質問は後を絶えません。
Rolexのデイトナこだわり3

お渡し時のバンド調整・磨き

お渡し時には、各機能のチェック、自動巻きの取り扱い、その時計オリジナル機能の説明、バンド調整、という流れでお渡しとなります。KOMEHYOでは、時代ごとのオリジナルモデルを、しっかり腕に試着できます。実際のフェイスの大きさ、ベルトの厚み、そして自分の腕の太さや肌色に合うかも確かめられます。

ありのままの商品画像

Webサイトでは、時計の詳細写真をあえてキズ部分を最大限に目立つように撮影して掲載しています。たとえば、ガラス面の傷が目立つように光を当てて撮影します。理由は、傷を理解された上で購入をしていただきたいから。その誠心誠意がリピーター様の心に響いています。Webサイトを閲覧し、どんなキズがあるか把握して訪れる方のほとんどが、「あのWeb上の写真は大袈裟だよね」、「実際はこんなに小さな傷なの」と口にされます。過大広告ならぬ、過大マイナスをしっかり見ていただき、納得のうえ購入できます。
Rolexのサブマリーナデイト

社員教育・接客姿勢

購入者のお手伝いをする販売員は、何より購入時のその時計に対する不安を取り除くことが求められます。性能の説明に長けていることはもちろんのこと、たとえばデパートは新旧を比べることはできませんが、KOMEHYOならそれができます。少し前のいいものと新しいもの微妙な違い。そんなマニアックな質問にも答えられる知識の豊富さが人気の秘密です。

買取の知識

買取時に正常動作の確認は当たり前で、各時計の持つ特殊な機能を含めて徹底分析しているため、間違いのない1本を買い取っています。その後、センターにて専門の点検者が最終チェック。クオリティ、年式に応じて価格が決まります。
Rolexのデイトナこだわり4

エリアごとの動向調査

KOMEHYOの買取センターは、都心のデパートや高級ブティックが建ち並ぶエリアにあるため、ある意味一流の方々が持ち込まれる時計が多く品質が高いのも頷けます。また、エリアごとの買取と販売状況を鑑みて、そのエリアにおける店舗ごとの人気モデルを販売しています。

あなただけの1本に出会う

Rolexの黒文字盤カラーデイトナこだわり Rolexの白文字盤カラーデイトナこだわり Rolexのダイヤモンド文字盤カラーデイトナこだわり

想いのある方々はその時計を手にした時のエピソードを語る方も多い。
就職祝いに父からプレゼントされた方、昇進祝いに自分のご褒美で購入した方、
結納で手にした方。嬉しいエピソードとともに持ち込まれるデイトナは、
あなたの腕で新たなストーリーを刻むことでしょう。

コメ兵セレクトの各種ロレックスはこちら
デイトナ 一覧ページ
ロレックス一覧ページ