ダイヤモンドの4C

ページを閉じる

ダイヤモンドの価値を客観的に測定するシステムを下に上げる4つの基準の頭文字のCをとって4Cと呼ばれ、ダイヤモンドの価値を決定付ける最も重要で最も厳格な国際基準となっています。

ダイヤモンドの4C

Colorについて

天然のダイヤモンドのほとんどは、自然な薄い黄色味を帯びています。
その黄色味が強いほど価値が下がり、値段も下がります。逆に無色に近ければ近いほど希少価値が高く、値段も高くなります。
無色であるほど高価ではありますが、中には"Z"を超えるほど強い黄色味を帯びたダイヤモンドがあり、これらは希少価値と美しさから高く評価されることがあります。そのようなダイヤモンドをファンシーカラーダイヤモンドと呼び、イエロー以外にもピンクやブルーやバイオレットなどがあります。

Colorの表記について

Cutについて

カットとは形状、研磨、仕上げなどの状態を格付けする基準です。
ダイヤモンドの原石がいかに光を取り込み輝くような形状にカットし、研磨しているかを評価する基準となります。
カットの評価はカラー評価と同様、ダイヤモンドの輝きに影響する重要な要素で、最もよい評価はExcellentといえます。その中でもハートアンドキューピットやトリプルエクセレントなどは言うことなしです。

Cutの表記について

Clarityについて

クラリティとは透明度を表し、ダイヤモンドの中に傷や内包物(混ざりもの)がどの程度ふくまれているかを表します。
天然のダイヤモンドのほとんどは、通常これらが含まれており、欠陥が全くない、もしくはほとんどないダイヤモンドを入手するのは非常に困難です。

Clarityの表記について

Caratについて

カラットとはダイヤモンドの重さを表現する単位です。
ダイヤモンドは重さによって大きさが比例しますので、カラットが大きいダイヤモンドほど大きさも大きくなります。

このページの先頭へ

Copyright © Komehyo Co.,Ltd. All Rights Reserved.

ページを閉じる