KOMEHYO

2023/11/17 KOMEHYO SHIBUYA OPEN
インスタをフォローして新しい出会いを!

ここは、自分の中にある好きにも、
自分でも気づかなかった好きにも、
出会える場所。

好きかも?その「かも?」が、
新しい世界を開いていく。

出会ってしまった。意外な好きに。
出会ってしまった。絶対の好きに。
出会ってしまった。偶然の好きに。
出会ってしまった。運命の好きに。

2023 / 11/ 17 KOMEHYO SHIBUYA OPEN

POP UP EVENT

Black is the new black
23/11/17(fri.)〜30(thu.)
スタイリスト白幡啓による、黒の魅力が際立つPOP UP。
ルイヴィトンのエピを中心にさまざまなスタイリングを提案。

KOMEHYO SHIBUYA とは

「出会ってしまった。」を
叶える店舗
Introspection
Interior

自分の中にある好きにも、
気づかなかった好きにも、
出会える場所

ファッションスタイリストと共創したキュレーション企画や、各フロアごとのコンセプトに合わせたPOP UPで、自分らしい好きとの出会いをお楽しみいただけます。
CREATOR

fashion

好奇心を刺激するアートワーク

KOMEHYO SHIBUYAの特徴のひとつ、それは渋谷カルチャーへのオマージュをこめたアートワーク。
King Gnuをはじめ、数々のアーティストのミュージックビデオなどを手掛けるOSRIN(オスリン)氏が店内・外のアートの総合プロデュースを手掛ける。

artist

自分でも気づかなかった
好きに出会う

新たな好きと出会える
POP UP 予告

Dec. / EVENT
VINTAGE MARKET

23/12/9(sat.)〜24(sun.)

Floor:1F
「IMA 新しい好きと出会う」
イマだからイイ・イマだからこそホシくなる。そんなヴィンテージのルイヴィトンやシャネル・エルメスを集めました。

RELAY

ファッションクリエイター相澤 樹と共創した新しい買取のかたち

■ 4F RELAY(買取・取り寄せ)

買取フロアを、買取サービスだけではなくファッションやカルチャーの情報交換ができる開放的な空間に。

SELECT ZINE

ここでは相澤 樹が厳選した数十冊のZINE(自由なテーマで作成した自主制作の冊子)を展開。ファッションやカルチャーにまつわるZINEを通して、自分では気づかなかった「新しい好き」に出会えるかも。

POP UP ARCHIVE

THE ANTWERP
アソブY2K (オープン前イベント)
過去のPOP UP 一覧

店舗情報

KOMEHYO SHIBUYA 商品一覧
店舗情報
日本語 | English

〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町16−9
渋谷 ZERO GATE(ゼロ・ゲート)1~4 階
(営業時間 11:00〜20:00)
休業日:不定休

11月17日オープン
Name :
DWS JAPAN
(Dirty Workers Studio Japan)
Profile :
日本伝統技術「墨流し」の技法を改良し再解釈した独自のスタイルを「色流し(しきながし)」と名付け、東京を拠点に国内外でも活躍するアーティスト集団。
Painter :
新井 緑
岩本 薫
森 洸大
WINI GREENI
Close
Name :
TAPPEI
Profile :
タトゥーアーティスト、グラフィックデザイナー
1993年生まれ、大阪府出身。 幼少期より絵と刺青に興味を持ち、彫り師を志す。
神戸芸術工科大学アート・クラフト学科を退学し、タトゥーアーティストとして活動を開始。
2014年からは東京を拠点に、原宿のセレクトショップ「CANNABIS」でのスタッフを経て、グラフィックデザイナーとしても活躍。
その後、中目黒にタトゥースタジオ兼オフィス「TAPPEI ROOM」を設立。
2022年にはNIKEやUNDERCOVER、BEAMSなどとのコラボレーションも発表。
2023年には初の海外でのタトゥーゲストワークや、カルチャー雑誌『EYESCREAM』での 4 コマ漫画連載もスタート。
渋谷GALLERY X BY PARCOでの初のアート個展、LOVUS galleryでの4コマ漫画個展も開催した。
Close
Name :
OSRIN
Profile :
映像作家 / Art Director
クリエイティブレーベルPERIMETRON所属。
1990年生 名古屋芸術大学ライフスタイルコース卒。
エモーショナルからエッジーな演出でミュージックビデオ・コマーシャル・ファッションフィルムやアートワーク・LIVE演出・舞台演出など幅の広い作品を手掛ける。
Close
Name :
佐野 凜由輔 
Profile :
1994年生まれ、北海道・札幌出身。幼少期はカートゥーン、アニメーション、漫画に没入し、10代の後半でエゴン・シーレ、ジャクソン・ポロック、ジャン=ミシェル・バスキア、エリック・パーカーらに衝撃を受ける。画家を志して、2016年にNYへ渡米。2018年に開催した初の展観から、規則性のない具象性と抽象性が共存する私的な記憶に基づく多色使いの表現方法を“ZOOM(ズーム)”というコンセプトに込め、精力的に作品を描き下ろす。“ZOOM”は会期を重ねる度に“O”が増え、本展覧会でその“O”は節目となる“10”を数える。アジア圏でのソロ展示やグループ展への参画の他、2022年に1st作品集を上梓。代表作は『ズーム』『JUNGLE』『FACE』。主な個展は『ZOOOOOOM / “構図、余白へのZOOM”』MU GALLERY(2022年7月、東京・天王洲)、『ZOOOOOOOOOM / 蓄積する色彩』Gallery by the Harbour(2022年10月、香港・ハーバーシティ)、『ZOOOOOOOOM / BRUSH WORK』WATOWA GALLERY / THE BOX TOKYO(2023年4月、東京・今戸)など。
Close
Name :
Leii Leii
Profile :
Leii Leiiは東京を拠点とするデザイナー。家具など少量生産のオブジェクトの制作を中心に、建築家やファッションブランドとのコミッションワークや、オブジェクトのコンポジションとしてのインテリアデザインも手掛けている。
Close
Name :
白幡 啓
Profile :
1996年にスタイリストとしてデビュー。
ファッション誌、広告、ブランドのキャンペーンを中心に数多くのスタイリングを手がける。
2016年からはブランド『styling/』のディレクションを務めるほか、近年はビューティーからファッションまで多様なブランドの要請を受け、コーディネート提案やコラボレーション、Youtube出演など多岐に渡る発信を行っている。
Close
Name :
相澤樹
Profile :
2005年よりフリーのスタイリストとして活動開始。
雑誌でのスタイリングをはじめアーティストのCDジャケットやMV、広告、TVCMなどで活躍するかたわら、衣装デザイン、エディトリアルディレクション、アニメ衣装の監修、空間プロデュースなど多方面でも活動中。
2021年に東京で開催されたパラリンピック閉会式では衣装ディレクターとして参加。
2017年ラッキースター所属
Close
Name :
山脇 道子
Profile :
2006年よりスタイリストとして活動。
シンプルな中にもエッジを効かせたスタイリングは、モデルやタレントからの支持も厚く、写真集やフォトブックなども多く手掛ける。
ブランドの商品アドバイスや顧客のパーソナルスタイリング、コラボレーション商品の開発などファッション分野に加え、食・住などライフスタイル分野のクリエイティブディレクターとしても活躍の幅を広げている。
Close