ブランド品の高価買取なら
創業74年上場企業のKOMEHYOへ

KOMEHYO

(18金や24金)の買取について

金の高価買取なら創業74年上場企業のKOMEHYOへ 金の高価買取なら創業74年上場企業のKOMEHYOへ

買取について

金の純度によって、買取金額が異なります。

純金は柔らかく、他の金属と混ざりやすいため、アクセサリーに用いる場合は他の金属と混ぜることが多い貴金属です。現在、純度が99.99%以上の金が純金とされ、K24と表記されます。これが一般的な24金です。純金の他に、金の純度によって18金(K18)、14金(K14)などの種類があります。金の純度によって買取金額も異なりますので、査定のご参考になさってください。

金の種類

金の純度は24分率で表されるため、K24=100%(純金)、K18は18/24で75%(18金)となります。

24金(K24)

純金99.99%以上

18金(K18)

純金75.00% + 純銀、純銅など25%

14金(K14)

純金58.50% + 純銀、純銅など41.5%

金製品 買取の種類

指輪、ネックレス、インゴット、コインなど幅広い金製品を取り扱っておりますので、お気軽にご来店ください。

金製品はお手入れ不要です。

片方だけのピアスや壊れたネックレスなども、そのままお持ちください。

専門バイヤーが教える金製品の見分け方

まずは刻印を確認してみてください。通常の金製品には、金であることを示す刻印が打たれています。

刻印の場所は、指輪の場合は指輪の内側、ネックレスの場合は留め具部分などが多いようです。刻印の種類は金の含有率を示すもので、表記にはいくつか種類がありまして、18金は「K18、18K、750」、24金は「K24、24K、1000」、14金は「K14、14K、585」などがあります。

また、中にはメッキを示すものもあるためご注意ください。750GPなど数字の後ろにGPとある刻印もあり、これはGP(ゴールドプレイテッド)を示すもので、金でメッキをされた製品であることを示します。メッキ製品は買取できませんのでお気をつけください。

バイヤーからのメッセージ

「アクセサリーが汚れているから」と気にされるお客様もお見えになりますが、KOMEHYOでは金製品であればまったく問題ございません。金はその物自体に価値がありますので、わざわざお金を出して貴金属店などで磨き直しを行ってお持ちいただかなくても、買取価格は変わりません。保存状態が悪いお品物でも、プロの査定員がしっかりと査定させていただきます。

また、他店では石を外す料金を有料にするお店もありますが、当店ではそういったことは一切ありませんのでご安心ください。また、金製品であれば石の取れた指輪やチェーンの切れたネックレス、ピアスの片側だけなども買取できますのでぜひお気軽にご来店いただければと思います。

ブランド品の高価買取なら創業74年上場企業のKOMEHYOへ